ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年10月28日

18度目?ロナウドが再び陽性反応で、バルサ戦欠場確定

ドイツ以外のニュース
インターナショナル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 チャンピオンズリーグ得点ランキング最上位同士の対決は、ひとまずお預けということになってしまった。火曜夜にユベントス・トリノは、2週間前にコロナ陽性が確認されたクリスチアーノ・ロナウドについて、引き続き陽性が確認されたために隔離生活を継続することを発表している。

 「確かに15日間も練習に参加せずに、いきなり試合に入っていくというのは、決して簡単なことではないさ。だがそれでも、我々はそれを秤に掛けることになる」と、ユベントスのアンドレア・ピルロ監督は最終結果が出される前にコメント。なおロナウドについてはそれまで2度に渡り、陽性が確認されていたという。

 ただ火曜夜の発表により、もはや「秤に掛ける」必要はなくなった。チャンピオンズリーグにて歴代最多となる130得点を決めてきたポルトガル代表と、それを追うリオネル・メッシ(116得点)との直接対決は、ひとまず次回12月の対決までお預けということになる。

 ちなみに前回の代表戦期間中に、コロナ陽性が明らかとなったロナウドは、それから少なくとも3度の検査で陽性が確認されたことになるのだが、しかしながら母国ポルトガルのTV1によれば、すでに18度もの陽性反応が確認されていると報道。真偽のほどは定かではないが、いずれにせよ当分の間トリノの自宅に隔離されることに変わりはない。
  


  • ブンデスリーガ・各チーム情報