ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年10月30日

リヴァプール、ファン・ダイクの手術が「無事」行われたことを発表

ドイツ以外のニュース
インターナショナル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 負傷から2週間が経過しFCリヴァプールは、フィルジル・ファン・ダイクの手術が、「無事に」行われたことを金曜日に発表した。エヴァートンとのダービーにて、相手GKのピックフォードから受けたラフプレーにより、右膝に大怪我を受けていた同選手。

 リヴァプールはここまではまだ、「靭帯損傷」とだけ伝えているものの、英国のメディアは揃って「十字靭帯断裂」と報じており、離脱期間の見通しについても特に発表は行わず、ただ「これからすぐに、リハビリん専念する」とだけ伝えられている。

 いずれにしてもこれからユルゲン・クロップ監督は、これから数ヶ月に渡り絶対的な守備の要不在で臨むことは必至。まだ土曜日のウェストハム戦については、代役候補のファビーニョが、先日のCLミッティラン戦にて大腿を負傷。「軽傷」としつつもも、「今週末、もしくはさらに長く」欠場することになるという。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報