ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年11月03日

キエフで9選手のコロナ陽性確認、バルサ戦開催は瀬戸際に

ドイツ以外のニュース
インターナショナル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 水曜日にチャンピオンズリーグGL第3節FCバルセロナ戦が控えているディナモ・キエフだが、すでに9選手のコロナ陽性が確認されており、それとは別の問題も含めて、現在はわずか13選手のみがオプションとなっている状況だ。

 そもそもディナモ・キエフでは3選手からコロナ陽性が確認されていたものの、ここにきたさらに6選手からも新型コロナウィルスへの感染が報告されており、それに加えてエミル・カラスACからも陽性反応が確認されているという。
 
 さらにディナモ・キエフでは負傷を抱えている選手に加え、主将のセルゲイ・シドルチュクに関しては出場停止という状況にある。それに加えて第1・2GKの2選手と、主力CBも欠場。19人の登録のうち13人のみがオプションという状況であり、さらにもう一人が何かしらの理由で欠場となった場合は、UEFAの規定により中止とならざるをえない。

 なおグループGに属するディナモ・キエフは、その初戦となったユベントス・トリノ戦では0−2で敗戦を喫したものの、フェレンツバロス・ブダペスト戦にて2−2とドロー。ひとまずは今大会初の勝ち点を確保することには成功した。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報