ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年11月06日

インモービレ、コロナ陽性を知りながらトリノ戦出場?

ドイツ以外のニュース
インターナショナル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 イタリア・セリエAのラツィオ・ローマに対して、対コロナウィルス規約違反に関し、引き続き疑惑が抱かれている。11月1日に行われたリーグ戦FCトリノ戦に後半から出場し、劇的なロスタイムでの同点弾を決めその後の逆転勝利へと繋いだチーロ・インモービレだが、ガゼッタ・デロ・スポルトが伝えたところによれば、それ以前にインモービレからコロナ陽性反応が示されていたことを、ラツィオは保健局へと報告していなかったという。

 実はインモービレは10月26日と11月2日の2度に渡って受けたコロナ検査の結果で陽性が確認され、その結果CLゼニト戦ではインモービレは欠場となるのだが、その間にラツィオ側が委託した検査機関での検査の結果、10月30日と31日ともに陰性が確認されたことから、トリノ戦での起用へと踏み切った模様。そもそも10月26日の検査においても陽性率が低かったことも挙げ正当性を主張しているが、今はイタリアサッカー連盟からの調査を受けているところだ。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報