ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年11月07日

硬膜下血腫を手術したマラドーナ「本人は退院したがってる」

ドイツ以外のニュース
インターナショナル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 当初ラプラタの病院へと搬送された際には、精神的なストレスと貧血、脱水症状と診断されていたものの、その後に硬膜下血腫が確認されたため手術を受けていたディエゴ・マラドーナ氏。

 だが現在は本人が退院を希望しているとのことで、手術を行ったマラドーナ氏の主治医ロケ医師は、家族とともに、このまま入院生活を続けることを決断したことを語っている。

 「本人は出て行きたがっているがね。しかし彼はこのまま入院し続ける。これは共同による決定だ。おそらくディエゴにとっては、ノーと言われた数少ないケースだろうね」

 なおこれまで絶えずアルコールやドラッグ中毒を抱えてきたマラドーナ氏は、禁断症状により数度の混乱をきたしており、「非常に難しい状況だ」と同医師は説明。「きっと皆さんは想像できないほどにね。我々自身、彼よりも強くなろうとしているところなんだ」と言葉を続けている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報