ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年11月09日

バルサ、アンス・ファティが膝を手術。長期離脱へ

ドイツ以外のニュース
インターナショナル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 FCバルセロナのアンス・ファティはこれからしばらくの間、左膝の半月板損傷により離脱へと入ることが明らかとなった。スペインにおいて大きない才能と期待を集める18才は、レアル・ベティス戦によって抱えた負傷により、月曜日には手術を受けている。

 マルカ紙に予想によれば、これから3〜5ヶ月もの長期離脱となるようだが、いずれにせよ少なくともアトレチコ・マドリー戦や、チャンピオンズリーグのティナモ・キエフ戦、フェレンツバロス・ブダペスト戦での欠場は確実で、さらにスペイン代表参加も辞退となった。なお同選手が記録した17才と311日での得点は、スペイン代表史上最年少記録。

 またファティはFCバルセロナにおいて定位置を確保する活躍をみせていたところであり、リーグ戦第3節以来すべての試合で出場を続け、4得点を記録。これまでラ・リーガ通算では31試合に出場して11得点。チャンピオンズリーグでは8試合に出場して2得点を記録。ただ今回の離脱により元ドルトムントのデンベレや、他の選手へと出場機会が譲られることになる。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報