ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年11月17日

デ・ブライネ、マンチェスターCとの延長交渉を認める

ドイツ以外のニュース
インターナショナル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 昨季のPFA年間最優秀選手ベルギー代表MFケヴィン・デ・ブライネが、所属するマンチェスター・シティとの2023年までの契約の延長について、クラブ側との話し合いを行っていることを認める発言を行った。

 交渉自体はまだ「特に進展はしていない」ものの、代理人のパトリック・デ・コスター氏が粉飾の疑いにより逮捕されたために、単独での交渉が進められているという。ただ「クラブに残りたいと思っているからね、簡単なことだよ」と母国のTV局に対して語った。「ここにいたくなければ、誰かに代理してもらう必要があるかもしれないけど」
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報