ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年11月27日

39才となったイブラ、スウェーデン代表復帰を検討

ドイツ以外のニュース
インターナショナル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 スウェーデン代表歴代最多得点記録を誇るズラタン・イブラヒモヴィッチが、スウェーデン代表への復帰を検討している。スウェーデンサッカー連盟は、ヤンネ・アンデション監督との話し合いが行われたことを認めた。

 2001年から2016年までの代表生活の間で、のべ62点を決めている同選手は、39才となった今もなお所属するACミランにて、6試合で10得点を決める活躍を披露。ここまでリーグ得点王争いでトップに立っている。

 ただ非常に意見が強いことでも知られるイブラとアンデション監督は、過去に衝突したことも何度かあったものの、「その可能性が開かれるのであれば、話し合いのばをもつことは当然のことだ」とコメント。最初の話し合いは「実りあるものだった」との言葉で表現されている。

 先日に自身12度目となる、スウェーデン年間最優秀サッカー選手賞を受賞した同選手は、その時にも意欲的な姿勢を見せており、これからも対話は継続されていくことになる。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報