ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年12月30日

ハーゼンヒュットル監督、隔離のため自宅から遠隔指揮

ドイツ以外のニュース
インターナショナル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 サウサンプトンFCが火曜日に発表したところによれば、今晩火曜夜に迎えるウェストハム・ユナイテッド戦にて、ラルフ・ハーゼンヒュットル監督が不在になるという。同氏の家族内にてコロナ感染が確認されており、そのため家庭内での隔離へと入った。

 ただし同クラブの発表によれば、ハーゼンヒュットル監督は自宅から、リモートにてコーチ陣との連絡をとりあい指揮をとるという。プレミアリーグでは今年の8月より、週に1回のペースでコロナ検査を実施しているところだが、その感染者数は増加の一途。、最近ではマンチェスター・シティはじめ、この1週間の1479回の検査で18人の選手・スタッフからの感染報告がなされている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報