ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年01月18日

メスト・エジル、フェネルバフチェへの移籍を認める

ドイツ以外のニュース
インターナショナル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 メスト・エジルが7年半を過ごしたFCアーセナルを、遂に後にすることが明らかとなった。日曜日に元ドイツ代表MFは、トルコ1部フェネルバフチェへの移籍を認めている。ライブチャットの中で、同選手は「とても嬉しいし、興奮している。フェネルバフチェのユニフォームを着るチャンスを、神が与えてくれた」とコメント。「誇りをもってそれを身に付け、そしてチームのために全力を尽くしていく」ことを誓った。

 なおクラブ側からはまだ特に発表はなされてはおらず、移籍金や契約期間など一切不明となったままだが、本日日曜日中にもトルコの首都イスタンブールへと向うとのことで、すでに自身のSNSのデザインもフェネルバフチェをモチーフにしたものへと変更している。

 2013年にレアル・マドリードからFCアーセナルへと渡った同選手は、これまで254試合に出場して44得点77アシストをマーク。FA杯4度、スーパーカップを2度制していたものの構想外となって久しく、クラブ内2番目のサラリーを受け取っていたエジルの移籍を首脳陣も目指しているところだった。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報