ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年01月19日

FIFA、トリッピアーの出場停止への異議申立てを却下

ドイツ以外のニュース
インターナショナル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 アトレチコ・マドリーでは2014年以来となるリーグ制覇、そしてチャンピオンズリーグにてできる限り先にまで勝ち進んでいきたいと考えているところだが、しかしながらそのいずれの大会においてもしばらくの間、キーラン・トリッピアー不在の中で戦うことを余儀なくされる。FIFAは月曜日にアトレチコ側からの異議申し立てを却下する判断を下したためだ。

 イングランドサッカー協会は昨年末、賭博関与禁止の規定に違反したとして同選手に対し、10週間の出場停止処分と7万ポンドの罰金処分を科すことを判断。リーグ戦、CL含む公式戦14試合で欠場を余儀なくされることになっており、同選手が所属するアトレチコ・マドリーのミゲル・アンヘル・ヒル・マリン会長は、「今季あの処分は余りに不釣り合いな不公平な処分だ」と反論。異議申し立てを行っていた。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報