ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年01月20日

サラー、リヴァプール残留希望を強調

ドイツ以外のニュース
インターナショナル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 モハメド・サラーが改めて、リヴァプールFCへの残留希望を明言した。「できるだけ長く、僕はここにいられたらと思うよ」と、ノルウェーのTV局TV2に対してコメント。「ただ以前にも話したように、これはクラブ次第のことではあるけどね」とも言葉を続けている。

 なおそのリヴァプールとの契約期間は、まだ2023年まで残されている同選手ではあるのだが、クリスマス直前のインタビューにて、レアルやバルセロナについて”トップクラブ”と言及し、「将来のことはわからないものさ」と発言。スペインにて話題となっていた。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報