ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年01月22日

マンC、今度はアグエロからコロナ陽性が確認

ドイツ以外のニュース
インターナショナル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 マンチェスター・シティはプレミアリーグのタイトル争いの中で、セルヒオ・アグエロ不在のまま引き続き戦いを余儀なくされることが明らかとなった。シア金ではコロナ感染者との濃厚接触者として隔離生活へと入り、4試合を欠場していた同選手から、今度は自身の検査結果で陽性反応が示されたことが本人から、木曜日に発表されている。「今のところは多少の症状が出ており、今は医師の指示にしたがっているところだよ」
 
 そのため少なくともこれから10日間は、引き続き隔離生活を余儀なくされることだろう。6月に膝の手術を受け、今季の開幕戦では欠場していたアグエロは、10月に復帰するも大腿と膝の故障に悩まされており、途中からの出場を重ねていたところで、今回の隔離生活へと入っている。なおマンチェスター・シティではクリスマス以来、カイル・ウォーカー、ガブリエル・ジェズス、エデルソン、フェラン・トーレスからもコロナ感染報告がなされていた。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報