ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年01月26日

ソクラテスが12年ぶり母国へ、オリンピアコス移籍。

ドイツ以外のニュース
インターナショナル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 FCアーセナルとの契約を解消したソクラテスが、月曜日に新天地を見出したことが明らかとなった。32才のギリシャ人CBは、オリンピアコスFCへと加入する。これはクラブ側より発表されたものであり、契約期間は2023年まで。

 2018年にボルシア・ドルトムントからロンドンへと渡っていた同選手は、プレミアリーグで通算44試合に出場して3得点をマーク。しかしながら最近では構想から外れており、「両者合意の上」で契約解消へと至っている。

 かつてブレーメン、ドルトムントにてプレーしたソクラテスは、ブンデス1部通算189試合に出場して9得点。ちなみに今回のギリシャでのプレーは実に、12年半ぶりの母国復帰を意味する。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報