ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年01月29日

マティプ負傷で、クロップ監督はCB獲得を希望

ドイツ以外のニュース
インターナショナル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 確かにFCリヴァプールはトッテナム・ホットスパー戦での勝利により、とりあえず一息をつくことはできるだろう。しかしながらこの試合ではリヴァプールが抱える問題がさらに悪化、選手層が極めて薄いセンターバックから、今度はジョエル・マティプが負傷交代を余儀なくされている。

 フィルジル・ファン・ダイク、そしてジョー・ゴメスが負傷により長期離脱する中で、本来はMFを本職とする主将ジョーダン・ヘンダーソンと共に、この日センターバックコンビを形成していたマティプだったのだが、ユルゲン・クロップ監督によれば「くるぶしに負傷を抱えている」ところであり、靭帯を損傷した可能性さえあるという。

 そのため冬季移籍市場の閉幕間近となった今、指揮官は「適性な価格で、我々が求めているだけのクオリティをもったセンターバックならば」との条件つきながら、新戦力獲得を『BT Sport』に対して語った。「決して甘えではなく、適切な選手を見つけなくてはいけないということ。ただどの選手でも良いというわけでもない」
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報