ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年01月31日

マルセイユ、ファンの暴動後に試合を中止

ドイツ以外のニュース
インターナショナル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 フランス1部リーグアン、オリンピック・マルセイユvsスタッド・レンヌによる一戦は、急遽中止となることが発表された。

 ここのところマルセイユでは苦しい時期が続いている。サッカーの面では最近8試合で1勝2分5敗、とりわけ直近では3連敗を喫するなど、本来の目的とは程遠い状況へと陥っており、すでにビラス=ボアス監督は今季終了後の退任を示唆。またクラブ首脳陣も批判の矢面へと立たされているところ。

 そんな中で土曜午後、およそ300人のファンがマルセイユの練習場へと押し入っており、地元警察のTwitterによると発煙筒を投げつけ、そのほか花火類も使用。警察側にも攻撃の手が及んでいたという。

 マルセイユは声明を発表し、「この上ない強い言葉で」今回の襲撃について批判、特にクラブ側は今回の状況が、選手、スタッフ、警備員らの生命も脅かすものであったと説明。数中万ユーロ規模の物的損害も発生しており、「全ての証拠があり、捜査当局へと即座に送られた。間も無くして訴えを起こす」と発表している。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報