ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年02月04日

トルガン・アザール、またしても長期離脱へ

ドイツ以外のニュース
インターナショナル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 レアル・マドリード史上最高額での獲得選手、トルガン・アザールに更なる試練が訪れた。30才のベルギー代表MFはこれから数週間、再び離脱に入ることになる。当初は筋肉性疲労と診断され、2月3日の練習にも参加したが、クラブ側はその練習終了後により筋肉系の損傷であることを発表。マルカ紙などによれば最大で6週間が見込まれているという。

 2019年にレアル・マドリードへと加入して以来、幾度となく負傷を繰り返してきた同選手、これまで43試合で欠場。逆に出場はわずか35試合の出場に止まっており、アタランタとのCL16強の初戦は欠場。二戦目も回復経過次第ということになる。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報