ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年03月05日

バルセロナ、再びピケが膝を負傷

ドイツ以外のニュース
インターナショナル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 昨日に行われたコパ・デル・レイにて、セビージャを下し苦しいシーズンにもタイトル獲得の希望が見えてきた、FCバルセロナ。とりわけ通算得点数を2−2として主将、ジェラール・ピケによるロスタイム弾が大きく功を奏した結果だが、しかしながらその結果で突入した延長戦にて負傷。それでも懸命に最後までプレーし続け、準決勝進出へと貢献したものの、その代償は大きなものとなってしまった。

 その翌日にバルセロナは、右膝の内側側副靭帯に過度伸展がみられていることを発表。復帰時期については回復経過に依存するところが非常に大きく、とくに明かされることはなかった。特に同選手には昨年11月に、右膝の前十字靭帯を損傷し長期離脱を余儀なくされた経緯がある。なおバルセロナは週末にリーグ戦オサスナ戦、そして来週水曜にはCLパリ・サンジェルマンとのセカンドレグが控えているところだ。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報