ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年04月21日

CL4強取消し危機のチェルシーとマンC、一転スーパーリーグから撤退か

ドイツ以外のニュース
インターナショナル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 日曜深夜に突如として発表され、大きな波紋を呼んでいるスーパーリーグ創設問題。既にFIFAやUEFAをはじめとして、断りを入れたバイエルン、パリ・サンジェルマンなど、様々なクラブからの反対意見も発表され、CL準決勝進出クラブの取り消しの憶測も流れる中で、英国メディアによればそれに該当するクラブの1つ、FCチェルシーがスーパーリーグからの撤退を準備しているという。同じ状況のマンチェスター・シティも同様のようだ。

 想像以上の逆風が吹き荒れてしまったということなのか。創設メンバーの12クラブの1つであるチェルシー主宰の試合では、様々なクラブのファンたちが少なくとも1000人規模でこの計画への抗議を展開。その抗議の声がクラブ首脳陣の耳に届いたのか、それ以外にも理由があってのことか定かではないが、ただスカイやBBCの方法によれば正式に撤退するための書類を準備しているとのこと。さらにマンチェスター・シティも、同様のプランを準備していると複数のメディアが報じた。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報