ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年04月21日

UEFAチェフェリン会長、SL脱退表明に「戻ってきてくれて嬉しい」

ドイツ以外のニュース
インターナショナル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 火曜夜にマンチェスター・シティが「スーパーリーグ創設を構想するグループから脱退するための正式な手続きを開始いたしました」との発表を受け、UEFAのアレクサンダー・チェフェリン会長は「再びヨーロッパのサッカーファミリーへと迎え入れることができて、大変嬉しく思っている」とコメント。「彼らは現行のシステムが欧州サッカー界全体にとって、多くのメリットがあるという指摘の声に耳を傾けてくれた」と述べている。

 なお火曜日のレ・キップとのインタビューの中で、スーパーリーグのチェアマンを務めるレアルのペレス会長は、創設クラブの脱退への危惧について問われ「ノー」と断言。「状況は深刻であり、本プロジェクトを継続して解決を目指す。それに全員が同意済みだ」と語っていたのだが、マンチェスター・シティに続き、マンチェスター・ユナイテッド、アーセナル、リヴァプール、トッテナムも脱退を発表。チェルシーもこれに続く模様で、どうやらペレス会長は完全に見誤っていたようだ。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報