ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年04月21日

プレミア勢の撤退受け、スーパーリーグは「再検討」を発表

ドイツ以外のニュース
インターナショナル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 創設メンバーである12クラブのうち、半数を占めていたプレミアリーグ6クラブが揃って脱退したことを受け、スーパーリーグ構想はわずか2日で頓挫する結果を迎えた。アーセナルは「過ちを犯した」と述べ、チェルシーは「クラブ、ファン、サッカー界にとって最善の利益にはならないと判断した」とコメント。

 その他リヴァプール、マンチェスター・シティ、マンチェスター・ユナイテッド、トッテナムなども、ファンや選手、協会、政治家などから猛烈な反対を受けて脱退しており、インテルも既に関心を失ったとみられているところ。加えてバルセロナやアトレチコも揺れ動いているようだ。

 これを受けてスーパーリーグでは「イングランドのクラブが離脱を発表したが、我々の提案は欧州の法律や規制にマッチしており、本日のスーパーリーグを第三者から保護するという裁判所の判決からも、それは実証済みである」と正当性を訴え、改めて「プロジェクトを再構築するため、適切な対応を検討していく」と発表した。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報