ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年04月30日

レアル、主将ラモスが復帰も、カルバハルは残り全休

ドイツ以外のニュース
インターナショナル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 レアル・マドリードのダニエル・カルバハルは、一足早く2020/21シーズンに終わりを告げた。今季のカルバハルは内側側副靭帯の損傷と、度重なる筋肉系に問題に見舞われており、1ヶ月半ぶりに復帰した2月中旬のバレンシア戦では、その25分後には再び負傷交代。それから2ヶ月後に復帰するも、先日のチェルシー戦にて再び筋肉を痛めオドリオソラと交代していた。

 また同じく今シーズンは2度の重傷と4月中旬のコロナ感染など、なかなか思うようにいかないシーズンを過ごすセルヒオ・ラモスについては、土曜日のオサスナ戦にてメンバー入りする見込みであり、チェルシーとの第2戦からは先発のオプションとなる可能性もあるだろう。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報