ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年05月04日

ASローマ、フォンセカ監督が今季限りで退任

ドイツ以外のニュース
インターナショナル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 火曜午後にASローマは、今年6月で満了となるパウロ・フォンセカ監督との契約を更新しないことを発表した。シャフタール・ドネツクで3度の国内二冠を達成していた48歳は、2019年夏よりローマへ渡ってきたものの、そこでは悲願のタイトル獲得を果たすことができなかった。

 現在ASローマはセリエA7位につけており、またヨーロッパリーグではマンチェスターUに初戦で2−6と大敗。決勝進出の夢は非常に厳しいものがある。なお後任候補としては既に、ナポリで3シーズン、その後はチェルシーとユベントスで1シーズン監督を務めた、マウリツィオ・サッリ氏の名前が浮上しているところだ。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報