ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年05月04日

ASローマ、モウリーニョ監督が来季より就任

ドイツ以外のニュース
インターナショナル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 トッテナム・ホットスパーの退団から2週間後、ジョゼ・モウリーニョ監督の新天地が明らかとなった。この夏より戦いの舞台をイタリアへと移し、ASローマの監督へと就任する。
 
 既にASローマではパウロ・フォンセカ監督との契約を更新しないことを発表しており、後任候補としてはマウリツィオ・サッリ監督の名前が浮上していたが、モウリーニョ監督と2024年までの契約締結というサプライズが発表された。

 すでにイタリアではインテル・ミラノを率いて3連覇を記録している指揮官は、「オーナーとの話し合いを行い即座に彼らの抱く野心を理解した」と述べ、「ローマのファンがもつ素晴らしい情熱が、今回のオファーを私に受け入れさせた。来季の開幕が待ち遠しいよ」と述べている。

 2010年のチャンピオンズリーグ決勝にてバイエルンを破った夜、インテルからレアル・マドリードへと移籍し、その後チェルシー、マンチェスター・ユナイテッドを経て、トッテナムの監督へと就任。そしてこれからは再び、イタリアへと舞台に指揮をとることとなった。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報