ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年12月06日

ケルン、パウロ・オタヴィオをテスト

1. FC Köln
1. FCケルン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


相次ぐ負傷者を受け、マネージャーのヨルグ・シュマッケ氏は、「新規獲得選手についても、落ち着いて考えないとね」とコメント。そして月曜日からは、一人のテスト生がケルンの練習場に姿を表した。スイス2部で現在首位を走るリンツァーASKのパウロ・オタヴィオである。

だがここにきての左サイドバックのテストというのは、を最近の離脱者(GKホルン、攻撃的MFビッテンコート、守備的MFレーマンとへガー、CBマロー)を比較した場合、腑に落ちない感が否めないことは確かだ。

ただこの理由は別にあった。

シュマッケ氏は「彼のことはだいぶ前からチェックしていてね、今回はたまたま目の前でチェックするチャンスを得たから、それを活かしたということだよ」と説明。ちょうどスイス2部はこの時期は休養に入ったことがポイントとなったようだ。

なおケルンでは左SBのムラデノヴィッチが、負傷者が重なる中にあってもベンチ外となっており、今冬に動く可能性がある状況にはある。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報