ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年12月08日

ケルン、ドルトムント戦に向け好都合なスタッツ

1. FC Köln
1. FCケルン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


水曜日のCLレアル戦で敵地ベルナベウで2点差を追いついてみせたボルシア・ドルトムントと、週末に対戦するFCケルン。しかし今回の対戦にあたっては、ケルンに有利なデータが複数ならべることができる。

まず1つ目はペーター・シュテーガー監督に関するものだ。ここまで指揮官は4度、ドルトムントと対戦しているのだが2勝2分と負けたことがない。

そして2つ目は、現在得点ランク首位を走るピエル=エメリク・オーバメヤンが、実はケルン戦ではまだ、一度も得点を決めたことがないということ。

さらにケルンは4月からホーム戦で無敗を継続しており、一方のドルトムントは最近9試合の敗戦の全てがアウェイ戦で喫しているのだ。

しかしそれでもシュテーガー監督は、「確実にそんなことは気にしないし、最近2試合ドルトムントから勝っているからといって気をぬくわけでもない」とコメント。

果たして今回の対戦ではどのような結果がまっているのだろうか。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報