ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年12月10日

大迫勇也が練習中に足を打撲

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

f46bee21-c506-4f22-bfa7-915723729064-768x576
チームの得点王アンソニー・モデストが右ひざの負傷のために、週末に行われるドルトムント戦での出場が危惧されているなか、地元メディアのガイスブログ・ケルンが報じたところによれば、そのFWでコンビを組む大迫勇也も、金曜日の練習中に「ひやっとする場面があった」という。

記事によれば大迫は、CBドミニク・ハインツから足に打撲を受けたとのことで、痛みで顔を歪めて倒れ込んだとのこと。

だが治療を受けたのちに、再び練習を再開したとのことで、どうやらこちらは週末のドルトムント戦では特に問題はないようだ。

ケルン移籍3シーズン目となった今季は、大迫はここまでkicker採点平均3.21をマーク。定位置の確保に成功しており、先日は今季までとなっていた契約を2020年まで延長した。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報