ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年05月11日

「突如」夢をかなえたクリュンター

1. FC Köln
1. FCケルン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

klue800-1494247855
先週金曜日に、ケルンとの契約を2020年まで延長したルーカス・クリュンター。一時は2部ウニオン・ベルリンへ移籍すると見られていた20歳のDFだったが、しかし相次ぐ負傷者の影響ので突如としてチャンスを掴むと、6試合連続で先発。対人戦での強さやスピード、さらにはオフェンス力も備えており、ホッフェンハイム戦ではビッテンコートへのアシストも決めている。

クリュンターは「ここ数週間の間で起こったことについて、まだ現実味がないんだよ。いきなりこうなっんたんだ。0から一気に100になった感じだね。3月では今季中に先発デビューを果たせるなんて思ってもいなかったし、ましてグラードバッハ戦やドルトムント戦でピッチに立てるなんて思いもよらなかったよ」とクラブ公式マガジンにて語った。

その一方でクリュンターには、まだポゼッションにおいてまだミスが見受けられ、ブレーメン戦では同点ゴールを決められるきっかけにもなっている。シーズン前には「僕の大きな夢は、ケルンの主力選手になることなんだ」というクリュンター。しかしその夢は、時には思わぬときに突如やってくることもあるものだ。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報