ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年10月22日

ケルンがダブルボランチ離脱、初先発のピサーロも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


今季、ここまで開幕から未勝利同士による、ブレーメンとの下位決戦を前に、ペーター・シュテーガー監督はダブルボランチの入れ替えを余儀なくされる事態へとおちいった 。

マルコ・へガーが土曜に行われた最終調整を途中で中断。その後に受けた精密検査の結果、大腿筋に痛みを抱えたために、日曜日の試合で欠場することが明らかとなっている。

ケルンでは木曜に行われたヨーロッパリーグにて、主将のマティアス・レーマンがウォーミングアップ中に違和感を訴えて途中で中断。こちらも大腿筋の損傷により、離脱となっているところだ。

さらにケルンではドイツ代表ヨナス・ヘクターも離脱中ということもあり、ボランチでの経験を持つ選手は攻撃的なミロシュ・ヨイッチと、若手のサリフ・エズカンということになる。

また今回の試合では、クラウディオ・ピサーロが今季初先発を飾っていたのだが、ここまでフィジカルの遅れを取り戻していた39歳は、ウォーミングアップの際に大腿に違和感を感じて先発を取りやめ、代わりにギラシが先発出場することが発表された。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報