ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年02月16日

ケルン、ハノーファー戦では「前節とは違う顔を」

1. FC Köln
1. FCケルン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


週末に迎える残留を争うハノーファーとの決戦を前に、シュテファン・ルーテンベック監督は「選手たちは、いまこそ立ち上がらなくてはならない、そのことをちゃんと理解しているよ。フランクフルト戦とは異なる表情をみせなくては。」と意気込みをみせた。なお前節に膝の負傷による長期離脱から復帰したマルセル・リッセについては「確実に先発候補の一人ということになる」と明言。負けられれない戦いにむけて、「ハノーファー戦では、選手たちにはアグレッシブに守備を行なっていかないと。いまはとにかく16位に集中している。」と語っている。

また今冬加入から好調なパフォーマンスを披露しているジモン・テロッデは、「個人的にはここまでうまくこれているけど、それは二の次。今回の試合でも得点を狙っていきたいし、それはこれまでの戦いで僕たちがみせているものだ。ハノーファーとの決戦では、ホームということで自信をもって戦えると思う。順位表はあまり気にしすぎるべきではないけど、でも打開できるチャンスはでてきた。これから数試合で勝利を重ねられれば、出口も見え始めてくるのではないかと期待している。」とコメント。


「プレッシャーはある。でもこの試合が特別なのではない、常にあるものだ。ハノーファーはとても手強いクラブで2部時代から知っている。ここまでの戦いぶりには敬意を表する。フランクフルト戦のことからもう気持ちは切り替えた。ドルトムント戦のようにひきづることはなかったよ」と言葉を続けた。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報