ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年02月23日

ティモ・ホルン「サッカーの世界では常に奇跡は起こる」

1. FC Köln
1. FCケルン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


前節のハノーファー戦では、2度の疑惑の判定でノーゴールとなり、さらにロスタイムではビデオ判定の末にゴールが無効となったケルン。試合後、ティモ・ホルンは「今回起こったことは信じられないことだ。もしもオフサイドならそれはそれで構わない。でもハンブルクでは明らかなオフサイドの位置にいながらもゴールが認められ、ここではギリギリのものがちゃんとオフサイドになっている。理解なんてできないよ。ただいろいろいっても仕方ないけどね。」と肩を落とした。

「でも前をしっかりと向いて試合に臨まないと。頭を下げてしまうようなことがあったり、意見がわかれるようなことがあっては、それが致命的なものとなるはずだ。でもそういった感覚を僕が覚えているわけではない。これからもチームは力を出し尽くし、そしてできる限りの勝ち点を積み重ねていこうとすることだろう。確かにこれ以上勝ち点を得られない時間が続けば続くほどに、状況が悪化していくのは確かだけれどもね」

なお今回はCL出場の強豪ライプツィヒとの一戦が控えているところだが「特にホームでは、ライプツィヒはとても強いプレッシャーをかけてくるチームだ。彼らは僕たちに休まるような時間を与えないようにしてくることだろう。明らかに前節のハノーファー戦よりも苦しい戦いになるはずだよ」とコメント。

現在はケルンは2部降格の流れにあり、自身にとっては昨夏にも移籍の可能性が浮上していたところだが「でも僕がケルンの選手として、ヨーロッパの舞台の立ちたいという気持ちがあったからね。ただ今シーズンは思うようにはなかなか進まなかったけど、でも可能性が残されているうちは個人的なことに意識がいくようなことはしない。それは最悪なことだ。僕たちにはその責務がある。」との考えを強調している。

「チャンスは確かに非常に小さなものだろう。でも決して不可能ということでもないんだ。勝ち点差が9あり、そして残りの時間もどんどんなくなってきている。でもサッカーの世界では常に奇跡が起こるもの。だから僕たちは前を向いて戦っていくんだ。」


  • ブンデスリーガ・各チーム情報