ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年06月13日

ケルン、獲得目指していたソーチェクが所属クラブと延長

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 来季より復帰を果たすブンデスリーガの舞台に向けてチーム作りを進める1.FCケルン。そこでの補強候補と目されていたのが、スパルタ・プラハに所属するチェコ代表トマーシュ・ソーチェクだ。

 しかしながらボランチを本職とする24才の大型MFは、むしろそのスパルタ・プラハとの契約を5年に渡り延長することを決断。そのためケルンの獲得希望リストからは名前が消されることとなってしまった。

 その一方でケルンの下部チームに所属していたヒクメット・チフトチが、ブンデス2部エアツゲビルゲ・アウエに移籍することが発表されている。今季ブンデス4部相当を主戦場としていた21才のCMFは3年契約にサイン。移籍金は発生しない。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報