ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年07月25日

システムにフレキシブルさ求めるケルン、スキリ獲得は日曜

1. FC Köln
1. FCケルン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 今季ブンデス1部へ昇格組として臨む、1.FCケルン。その最初のハードテストとして、明日の日本時間26時からは、昨季セリエA10位のボローニャとのテストマッチが控えているところだ。「素晴らしいチームだよ」と賛辞をおくったバイアーロルツァー監督は、「両チームともに疲労はあるだろう」ともコメント。

 そのなかで「FWやトップ下の距離感、スペースを埋めるスピード」などにくわえ、何より「システムにおけるフレキシブルさ」を重要視していることを明かした。「相手のクオリティが高すぎるときに備えて、我々としてはプランBを用意しておかなくてはならないよ」

 そのあたりが先週末のブレーメンとのテストマッチではうまくいっており、昨季終盤まで欧州リーグ出場権を争ったクラブを相手に、あまり隙を見せない試合展開を演じて見せていた。それを今回のボローニャ戦でも発揮したいところ。

 なおこの試合では先日負傷が伝えられたイズマイル・ヤコブスが欠場。ケルンで治療を受けるためにすでに離脱した。また獲得が近づいているとみられるエリス・スキリについては、日曜日にも契約を交わすことが期待されており、所属するモンペリエに移籍金約600万ユーロを支払う形で、4年契約を結ぶ模様。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報