ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年07月29日

ケルン、チュニジア代表スキリの獲得を発表

1. FC Köln
1. FCケルン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 1.FCケルンでのメディカルチェックを無事に済ませ、HSCモンペリエのエリス・スキリは、2023年までに及ぶ4年契約へとサインを済ませた。クラブ公式ページでは、24才のチュニジア代表の獲得のために、移籍金としておよそ600万ユーロが投じられており、同じく今夏加入のビルガー・フェルストラーテと共に、ボランチ陣を形成することが期待されている。

 「エリスは精力性と対人戦での強さをもった大型MFであり、視野の広さとパスゲームにも良いものをもっている。すでに豊富な経験も有しているが、伸び代もまたもった選手だよ。彼を獲得できてとてもうれしいね」と、マネージャーを務めるアルミン・フェー氏は喜びを語った。

 今夏に行われたアフリカカップにも参加した24才のチュニジア代表MFは、これまでA代表では19試合に出場。所属するリーグ・アンHSCモンペリエでは公式戦133試合に出場しており10得点、昨季では37試合に出場。3得点をマークしている。

 そのスキリは「ブンデスリーガへの移籍は、僕にとっては良いタイミングでの移籍になると思う」と述べ、「1.FCケルン首脳陣との話し合いでは、とても熱心に誘ってくれたし、僕自身も十分な確信を得ることができた」と決断した理由を語った。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報