ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年08月14日

ケルン、ドイツ杯で負傷した3選手が回復も、ハウプトマンは開幕戦欠場

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 先日行われたドイツ杯初戦ヴェーエン・ヴィースバーデン戦では、PK戦の末にかろうじて勝ち抜けを果たした、1.FCケルン。だがこの試合ではルイス・シャウブが左足首の関節胞を損傷しまだ松葉杖を必要としているところだ。さらにビルガー・フェルストラーテも、膝の外側半月板に問題を抱えていたことが、試合後に明らかとなっており、マルコ・へガーも足首へ強い打撲を受けている。

 しかしながら水曜日にアヒム・バイアーロルツァー監督は、3選手ともにブンデス開幕戦のVfLヴォルフスブルク戦から起用可能との見方を示しており、「良い感じだよ」とコメント。ただその一方で、ニクラス・ハウプトマンについては欠場を余儀なくされる。同選手は内転筋に過度伸展を抱えており、代役としては大腿筋の負傷から復調したマルセル・リッセの起用が考えられるだろう。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報