ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年10月30日

相手ファンから再び洗礼、ケルンのチームバスに落書き

1. FC Köln
1. FCケルン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 月曜の夜から火曜にかけて、どうやらザールブリュッケンのファンが、ケルンのチームバスに落書きを行ったようだ。

 これはドイツの大衆紙ビルトが伝えたもので、バスの右側には1.FCザールブリュッケンを意味する大きな「FCS」の3文字と共に、「くそったれ、ケルン」「今年はうちのものだ」などの文字が。

 逆サイドでは「ケルンの、クソ野郎」と共に、解体となったケルンの急進派ファン組織BoyzにちなみToyz、そして声明文とみられる「Ultra FSC」の文字が書きつけられている。


 本日朝7時に、バスの運転手のミヒャエル・リーべトゥルート氏が落書きに気付き、ケルンは即座に警察へと通報。警察によれば、実行犯は午前3時から5時にかけて行っていたようだ。
 
 なおバスは月曜夜には、ドイツ杯2回戦が行われるザールブリュッケンのホテルの駐車場に停車。

 ちなみにこのケルンのバスが落書きの被害を受けたのは、これが初めてのことではない。3年前の10月にも、ヘルタ・ベルリンのファンから「アウェイの洗礼」を受けたことがある。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報