ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年10月31日

ケルンのマネージャー、アルミン・フェー氏が今季限りで退団

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 昨季には最短での1部返り咲きへと導いた、1.FCケルンでマネージャーを務めるアルミン・フェー氏が、契約期間が満了となる今シーズンいっぱいをもって退団する意思を明らかにした。

 クラブ公式にて、同氏は「30年に渡って、プロサッカー界の最前線に立ち続けてきた。改めて深く考え、そして今後についての話し合いを行ってくうちに、現時点ではこの夏以降のプランを立てることはできないと感じたんだ」と説明。

 同氏は先週月曜夜に、TV局スカイに対して、今シーズンいっぱいまで残されている契約を延長しない可能性について、指摘する発言を行なっていた。

 さらにその後任候補の一人としてはフェー氏就任時にも名前があがった、現在ケルンにて代表を務めるヨルグ・ヤコブス氏とアーヘン時代に共に仕事をしていた、サミル・アラビ氏が浮上している。


 その一方でケルンは、プロ選手部門担当のフランク・エーリヒ氏との契約を、2022年まで更新したことを発表した。同氏に対しては、古巣RBライプツィヒからの関心が伝えられているところだった。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報