ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年01月10日

ケルン、若手FWミュラーがビーレフェルトへ。シャウブはハンブルクか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ブンデス2部で首位を走るアルミニア・ビーレフェルトは、1.FCケルンからセバスチャン・ミュラーを獲得したことを明らかにした。契約は2023年まで。

 18才のFWはAユースにて14試合に出場し13得点をマーク、「若く大きな伸び代をもった、将来性のある選手だ。彼をプロへの道へ導いていきたい」と、競技部門のサミル・アラビ代表はコメント。まだトップチームへの見通しは明らかにはされず、「対人戦と推進力に良いところをみせる」ミュラーはひとまず、Aユースで実戦経験を積むことになる。

 ケルン生まれのミュラーは2016年より在籍、今季までの契約を解消し「すぐに良いステップだと感じ」ビーレフェルト入りを決断した。

 さらにケルンからはブンデス2部ハンブルガーSVへ、ルイス・シャウブが移籍間近に迫っている。こちらは今季いっぱいのレンタルながら買い取りオプションも付随も目指しているところ。

 競技部門アレックス・ヴェーレ代表は話し合いを認め、地元紙ハンブルガー・モルゲンポストは選手とクラブがすでに合意済みと報道している。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報