ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年01月22日

ケルンとポドルスキ、将来的なプランについて合意

1. FC Köln
1. FCケルン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 1.FCケルンは火曜、「ヴォルフ会長とヘルト、ヴェーレ両代表、そしてポドルスキと彼の代理人と共に意見交換を行い、将来的に共に取り組むことで合意へと達しました。」と、クラブのプレスリリースにて発表した。

 ただしその具体的なプランやコンセプトなどは特に明かされてはおらず、「ポドルスキのケルンに対する愛情、そして彼のもつカリスマ性をぜひ活かしていきたい」とヴォルフ会長は述べている。

 ケルンにて公式戦181試合に出場し、ドイツ代表FWへの階段を駆け上がって行った同選手は、その後にバイエルン、(一度ケルン復帰後に)アーセナル、ガラタサライ、インテル、そしてヴィッセル神戸にてプレー。

 そこで天皇杯制覇という形で有終の美を飾り契約満了での退団となっており、これから残りシーズンいっぱいまでトルコ1部アンタルヤスポルにてプレーすると見られているところ。

 そのポドルスキは「オープンな、良い話し合いを行えた。ケルンの首脳陣には感謝しているよ。僕がどうケルンに貢献していけるのか、それを共にプランを描いていけることを嬉しく思う。ケルンはこれまでも、今も、そしてこれからも、僕にとってのホームであり、ケルンが僕のクラブなんだ」との声明を発表した。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報