ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年02月23日

ケルン、チホスが頭部を負傷し病院へと搬送

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 土曜午後に行われたヘルタ・ベルリン戦にて、1.FCケルンのラファエル・チホスが、相手MFマルコ・グルイッチとの対人戦にて頭部を負傷。29才のDFはしばらく治療を受けた後に、首をコルセットで固定し担架でピッチを後にした。2018年からケルンにてプレーする同選手は、今季はここまでリーグ戦20試合に出場(1得点2アシスト)。kicker採点3.55をマークしている。

 「酷い負傷ではないことを願っています」と、クラブ公式ツイッターは投稿。代わりにはホルヘ・メレが投入されている。なお搬送された病院にて検査を受けた結果、「頸椎に捻れが見られている。まずは様子見だ。」と、ホルスト・ヘルト代表はスカイに対してコメント。その後にクラブからも発表がなされており、今晩はこのままベルリンの病院に留まるとのこと。


 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報