ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年06月19日

ハノーファーのホルン、一転してケルン復帰の流れ

1. FC Köln
1. FCケルン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 今季よりブンデス2部ハノーファー96へとレンタル移籍し、ここまでリーグ戦21試合に出場してkicker採点平均3.62をマークしていた、ヤネス・ホルン。センターバックでもプレー可能な23才の左サイドバックを巡っては、これまでそのハノーファーへと引き続き残留の流れにあるとみられていたのだが、どうやらそれは見送られることになりそうだ。

 そのためおそらくは2022年まで契約を残す、レンタル元の1.FCケルンへの復帰が見込まれることになる。ヴォルフスブルクにて育成され、2017年に2部降格を喫したばかりのケルンへと加入した同選手は、今年3月にコロナ検査で陽性反応を確認。チームにとってはティモ・ヒューバースに続く、二人目の選手となっていたが同月末には復帰しており、再開後も1試合を除いてほぼフル出場している。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報