ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年07月14日

トニ・ライストナー、来季もケルンでプレーか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


果たしてトニ・ライストナーは、今シーズンも引き続き、1.FCケルンにてプレーし続けていくのだろうか?QPRよりレンタルにて加入していたトニ・ライストナー。29歳のディフェンダーは今冬より半年に渡りプレーし、レンタル期間を満了したところだが、引き続きケルンに未来をみていることを明らかにした。

「僕はケルンと、基本合意に達しているんだ。両者ともに、これからも一緒に取り組んでいきたいと思っている。でもまだ最終的な結論は出されていないところなんだ。」と、ドイツの大衆紙ビルトに対して、コメント。昨季は後半戦よりブンデス1部13試合に出場、kicker採点平均3.73をマークしている。

ソーレンセンの動向は?

その一方で1.FCケルンでは、センターバックの補強を模索しているところであり、セバスチャン・ボルナウとラファエル・チホスについては構想に含まれ、あとはレンタルから復帰することになるフレデリク・ソーレンセンの動向次第といったところか。28才のデンマーク人DFは、レンタル先のヤングボーイズで活躍を披露しており、ケルンにそのまま留まることも考えられるだろう。

ホルヘ・メレらは、移籍の用意

ただし23才のCBホルヘ・メレについては、ケルン側は売却にむけて話し合いの用意を示しており、それはメレのみならず、ジョアン・ケイロス(22)、ラッセ・ソビエフ(29)、そしてヤン・オーレル・ビセック(19)ら、いずれのセンターバックについても同様に状況にあるようだ。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報