ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年07月16日

ケルンのチケット販売案に、一部ファンから批判の声

1. FC Köln
1. FCケルン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 1.FCケルンでは今シーズンのシーズンチケットの規制について、一部から批判の声が挙がっているところだ。「我々としては世間での議論にまで発展させたくはありません。誤解している可能性だってあるのです」と、ケルンにてメディア担当を務める、トビアス・カウフマン氏はドイツ通信社に対して説明。

 その批判の対象となっている計画とは、シーズンチケットホルダーで、なおかつ返金を放棄してくれたファンに対し、もしも試合開催がシーズンチケットホルダーの数よりも少ない部分的観客開催となった時、返金を放棄しなかったファンたちよりも優先的に席を確保できるというもの。「そうじゃなくては、これはアンフェアなものだと言えるでしょう」と、カウフマン氏は説明する。

 しかしながらこれに対して一部のファンからは、インターネット上で「横暴」や「疑問」、「史上最大のジョーク」との批判の声が挙がったのだ。これに対してケルンでは、まだシーズンチケットホルダーが確定するまでに4週間の時間があることを強調。さらにケルンではこれ以外にも例外的措置も講じており、例えばシーズンチケットを1シーズン分先送りにすることも可能となる見通し。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報