ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年08月27日

ハンブルク、ソビエフの復帰を検討

1. FC Köln
1. FCケルン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 昨日に行われたVfBシュトゥットガルトとのテストマッチでは、3失点を喫して敗戦したブンデス2部ハンブルガーSV。3年ぶりとなる1部昇格にむけ、現在は特にセンターバックに難を抱えている状態であり、31才のエヴェルトンは病気の影響が懸念され、ギデオン・ユングは2年前の負傷から本来の姿を取り戻せず、そしてヨナス・デイヴィッド(20)とステファン・アンブロシウス(21)には若さが残る。

 そんな中ハンブルガーSVでは、1.FCケルンに所属する29才、ラッセ・ソビエフの獲得を検討しているようだ。ドルトムントでのセカンドチームを経て、2部ザンクトパウリ、当時の1部フュルト、そして2013年にはハンブルクにも在籍した経験をもつベテランは、これまでブンデス1部通算35試合、2部では通算148試合に出場した経験をもつ。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報