ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年09月15日

アンデションが、ケルンでメディカルチェックへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 火曜午前、セバスチャン・アンデションは既に1.FCウニオン・ベルリンを後にし、1.FCケルンにてメディカルチェックを受けていた。そこで詳細を詰めた後に、新たな3年契約にサイン、正式な発表が行われる見通しとなるだろう。移籍金額は600万ユーロとなる見通し。

 チームメイトのロベルト・アンドリヒは「セバスチャンは特に、うちのプレースタイルにおいて、非常に重要な選手だった。しばしば不意にチャンスに変えて得点にまで結び付けてくれたよ。そのキープ力、前線での対人戦の強さというものは、僕たちに本当に好影響をもたらしてくれるもので、重要なものだった。」とコメント。

 ウニオンではその大きな穴埋めを模索することになるのだが、さしあたり週末に控えるブンデスリーガ開幕戦での対応が求められることに。候補となるマックス・クルーゼはまだ足首の負傷から復調を果たせずアンソニー・ウジャーも膝の負傷で離脱中だ。

 イングヴァルトセンは再びウィングでの起用が見込まれるため、フィッシャー監督は同じくセドリック・トイヒェルトをトップの位置で起用することだろう。ただ本来はセカンドトップタイプのトイヒェルトに合わせで、ウニオンでは、「ローボール中心」のプレースタイルへの変化が求められる。

 その一方でこの日のウニオンの練習場には、ネヴェン・スボティッチの姿も見受けられなかった。同選手はすでに新天地を模索することが明らかとなっており、海外のクラブとの交渉を行っているところ。そのため開幕戦となるアウグスブルク戦の前にも、こちらも移籍成立となるかもしれない。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報