ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年09月22日

ケルン、ギリシャ代表リムニオス獲得を発表

1. FC Köln
1. FCケルン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 既報通り1.FCケルンはギリシャ1部PAOKKテッサロニキより、ディミトリス・リムニオスを獲得したことを発表した。早速明日から、新天地にて練習参加を果たすとのこと。

 本来ならばもっと早い時期に契約締結が可能となるはずだったが、同選手にコロナ陽性反応が見られたために延期。そして晴れて陰性が確認された後、ケルンとの2024年までの契約にサインしている。

 なおギリシャ代表ウィンガーの獲得に際してケルンは、移籍金として330万ユーロを支払うほか、次回の移籍の際に移籍金が発生した場合、その15%がPAOKに渡る仕組みとなった模様。

 ケルンのホルスト・ヘルト競技部門代表は、「ディミトリスはテクニックに長けた選手であり、すでに国際舞台でそのクオリティを発揮しているが、まだ伸び代をもった若手選手でもあるよ」と評価。

 その一方でリムニオスは「ようやくここに来れた」と安堵の表情を浮かべ、「コロナ検査で陽性がでたときに頓挫してしまうのではと心配したよ」と明かし、「隔離期間中、ケルンの首脳陣のみなさんには大変お世話になった。今ようやく、ケルンの一員となって、新天地での同僚、クラブを知っていくことを楽しみにしているよ」と、喜びを見せている。「ケルンは素晴らしいファンをもつ、ドイツでもトップクラスの伝統あるクラブだ。そのクラブの目標達成のための一助となりたい。」

 これにより今夏5人目の新戦力となったリムニオスは、昨季のリーグ戦35試合に出場して4得点をマークしており、最近ではギリシャ代表としてネイションズリーグにも出場。9月6日のコソボ戦では先制ゴールを決める活躍を見せていた。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報