ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年09月24日

ケルン、アンデションが足を負傷「様子をみていく」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 マルクス・ギズドル監督が「すでにフルメニューに参加した」と明かした、アンソニー・モデストの復帰を、早速週末のアルミニア・ビーレフェルト戦で期待していた1.FCケルンのファンにとっては、その後の「まだ土台づくりができていない」という言葉に失意を覚えたことだろう。膝の問題から徐々に回復を目指していく考えであり、「十分に時間を与える」ことを強調した。

 それは今夏に加入し、早速初戦から1得点1アシストをマークした、セバスチャン・アンデションにとっても同じことだ。水曜日に行われた練習にて足を負傷した同選手については、「まだ気は抜けない」と明かしており、「2日間の練習でどのような展開をみせ、そして患部がどういった反応をみせていくのか見極めていく」とコメント。さらにホルヘ・メレも負傷のために欠場が見込まれている。

 その一方で先日加入が発表されたばかりの、ディミトリオス・リムニオストル・アロコダレについては、練習で好印象を抱かせており「週末からオプションとする」考えを明らかにした。さらに練習では、今夏より不振に陥っていたキングスレイ・エヒジブエに「明らかな上昇」が見られていることも、ベノ・シュミッツ欠場の可能性から好材料だ。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報