ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年11月30日

ケルン、ブンデスデビューのツェスティッチと契約更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 土曜日にブンデスリーガデビューを果たしたばかりの1.FCケルン所属、サヴァ=アランゲル・ツェスティッチが、その前にすでに契約を更新していたことが明らかとなった。

 週末に行われた強豪ボルシア・ドルトムントとのアウェイ戦にて、ラファエル・チホス、セバスチャン・ボルナウと共に、これまで実績のない若手選手の姿がセンターバックの中で見受けられた。18試合連続未勝利という状況の中、ギズドル監督は敢えてドルトムントが誇る強力な攻撃陣を前に、若手選手へと信頼を寄せたのである。

 「彼は野心的な若者であり、彼がこことの長期契約を望んでくれたことを非常に嬉しく思う」と、ホルスト・ヘルト競技部門取締役はコメント。「本当に素晴らしい」デビュー戦を飾り(kicker採点2.5)、2−1と大金星獲得に貢献した、19才に対する高い期待感を示した。「ただこの試合の前から彼の実力への確信はあったよ。」

 オッフェンバッハ、FSVフランクフルト、シャルケのユースを経て、2019年夏にケルンへと加入したセルビアU18代表は、「ここ1.FCケルンで期待感を感じている」ことを強調し、「これからもその期待に応えられるように全力wを尽くしていくよ」と意気込みをみせている。「土曜日は1つの夢が実現した瞬間だった」
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報