ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年12月10日

ケルン、主将ヨナス・ヘクターに復帰の期待

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 あくまでこれは希望の光の1つであって、今のところはまだそれ以上のことでもない。火曜日に行われた1.FCケルンの練習では、第2節ビーレフェルト戦にて背中に負傷を抱え、ここまで離脱を余儀なくされている主将ヨナス・ヘクターの姿が見受けられており、「部分的負荷」、「対人戦を避けること」など制限された中で、ひとまずはフルメニューをこなしていた。

 確かに元ドイツ代表DFの復調は非常に大きな期待感を抱かせるものではあるものの、それでも長期離脱中にあるベテランの復帰についてはあくまで慎重に、完全復調を目指していくものでああり、セバスチャン・アンデションやアンソニー・モデストら2人のベテランFWと共に、徐々に徐々に最大値の負荷をかけていく予定だ。

 その一方で大腿に問題を抱え前節の前半39分に交代していたサリフ・エズカンについては、同じ症状を抱えていたホルヘ・メレと共にフルメニューをこなす姿が見受けられており、土曜日に行われる1.FSVマインツ05戦にてオプションとなる可能性が高いだろう。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報