ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年12月29日

ケルン、有資格選手部門担当にベルク氏が就任

1. FC Köln
1. FCケルン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 およそ5週間前に1.FCケルンでは、有資格選手部門の責任者を務める、フランク・エーリヒ氏が、1月末日をもって退団。レッドブル・グローバルサッカーには、来年7月1日から就任する考えであることが明らかとなったが、その後任としてルーカス・ベルク氏が就任することが、月曜日に発表された。
 
 2016年にインターンとしてケルンへと加入したベルク氏は、競技部門におけるデジタル化プロジェクトを担当、またドイツサッカーリーグ機構の衛生管理コンセプトの実施ではエーリヒ氏のサポート役を務めていたが、これから両者がまだ共に在籍する1月中にも、同職への引継ぎが行われていくことになる。

 1.FCケルンのホルスト・ヘルト競技部門取締役は、「我々は彼と非常にいい話し合いを行ってきたし、彼がこの役職にて成長を遂げていってくれると確信している。彼と共に、これからも歩みを進めていきたい」と期待感を示している。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報